海苔の産地

年間約100億枚もの海苔が全国各地で生産されており、
中でも有明海・瀬戸内海・伊勢湾・東京湾
で多く生産されています。


海苔はどうやって養殖される? 海苔の養殖法は大きく2つに分けられ、それぞれ支柱柵漁法、浮き流し漁法と呼ばれています。

支柱柵漁法

支柱柵漁法

海に支柱(竹やグラスファイバー製)を立て、これに網を結ぶ方法です。特徴として多少赤目ですが、柔らかく口溶けの良い海苔が出来ます。

浮き流し漁法

浮き流し漁法

海底に打ち込んだアンカーにブイを付けこれに網を張る方法です。水深の深い海でも養殖が可能で黒々とした艶のある海苔が出来ますが、支柱柵と比べると多少硬めの海苔が出来ます。

支柱柵漁法で養殖をしている地区は、千葉県の一部・愛知・三重の岸寄りの漁場・佐賀・福岡は殆ど支柱柵ですが、熊本の沖漁場では浮き流しも行われています。柔らかく味のある海苔を扱う「秀八撰」では、支柱柵漁法を中心とした漁場の海苔を選択し、それらの生産者に協力をお願いしています。


各産地の特徴 海苔は、広い海を漁場として養殖されています。この海の[畑]は、農地と違っていつも「流れ」があります。風・雨・水温。そこに地形が重なると、例え10mしか離れていない漁場でも、出来上がる海苔は異なった個性を持って仕上がります。まして、環境の大きく違う全国の産地では、当然ながらそれぞれ個性のある海苔が出来上がります。また同じ漁場でも、摘み取り時期によって個性は大きく変化します。

佐賀有明

日本全体の25%強を生産する、一産地で200億円を超す唯一の大産地です。柔らかいのが特徴で、品のある海苔作りと味はいずれも日本一を誇っています。

産地別味揃え 九州有明> 購入ページへ

福岡有明

佐賀と隣接した地域ですが、筑後川を挟む漁場となっており、柔らかさに加え濃い海苔の味を出す漁場が多く、多くのファンがおられます。

江戸前船橋

海苔の香りでは全国一と言われる千葉海苔。全国シェアでも数%と、希少性の高い海苔です。「磯の香りと歯ごたえが特徴」と言われ、現在は少数の海苔師により生産されています。

産地別味揃え 江戸前船橋> 購入ページへ

愛知三河

岸寄りの漁場で支柱柵漁法を行っている海苔を扱っていますが、三河湾では東の渥美地区で青海苔の養殖が行われているため、西側の浜の海苔に青の香が付く海苔が生産されることが多く、これを求めて全国の海苔商が買い付けに行きます。

産地別味揃え 愛知三河> 購入ページへ


海苔の蘊蓄(うんちく):浅草海苔の由来

江戸時代に、東京湾の品川付近で舟を舫(もや)う竹に自生した海苔を摘み取り、浅草和紙を漉く(すく)技法を真似て板海苔が作られ、浅草界隈で売られたことが「浅草海苔」の始まりだと言われています。昭和初期までは、現在の品川沖から大森・糀谷付近の漁場で生産されていました。品川で採れた海苔をお煎餅に巻いたのを「品川巻き」と言うのも、これに由来しています。

江戸しぐさ 浅草海苔
江戸しぐさ 浅草海苔 商品画像
色・艶・香りの三拍子が揃った程良い厚みの食感と、口の中でとろけるような美味をご堪能いただけます。

お問い合わせ・ご注文 0120-70-3921

▲ ページの先頭へ